2008年10月27日

「たいはく自然塾」その2

昨日は「たいはく自然塾」第2弾に。
今回は広瀬川で鮭の遡上を見たり、
火おこし体験をしたり、
ゴミを拾ったり、
山形風芋煮を食べたり、の会でした。

鮭は遠目ではありましたが実際に見られて、「100万都市の中央を流れる川に、鮭かぁ」と、感慨に耽ってしまいました。

火おこしは、縄文式(?)の木をぐるぐる回して熾すものと、
江戸式(?)の火打石によるものとを体験しました。
娘は縄文式に苦戦。江戸式は熾せました。
私は両方とも楽勝。これでもアウトドアクラブ隊長ですから!?
初めての経験でしたが、なかなか面白かったです。

ゴミ拾いは、
楽しいね!
ざっと眺めて、人工物を発見するのが、結構楽しかったです。

それにしても、個人的な芋煮の会をしていないなぁ。
なんてこったい!

というわけで、
秋の河原は芋煮の季節!
それが「幸せ」への第1歩?

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview


posted by ハッピー・スナフキン at 01:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

学校選択制って・・・

昨日のニュースから。

公立小中学校の学校選択制による「格差」が広がっているそうで・・・。
入学者がその地域の本来の数に対し300%を超えるところもあれば、10%を切るところも(入学者数が1ケタのところも)。
男女比が目茶目茶になったり、部活動が成り立たなくなったり。
「噂」によって、大きく変化したり。
そして、「固定化」が始まり・・・。
で、見直しを検討だそうで・・・。

・・・馬鹿?
漫画「スラムダンク」の流川風に言うと、「どアホウ」?
こんなことやってみなくても結果は見えていたのに、文科省も取り入れた教委も、ほんと、どアホウ。
こうして、また現場の先生方は疲弊していくのですね。お疲れ様です。

というわけで、
どアホウな おエライさんの言うことよりも、
自分が正しいと納得できるものを大切に。
それが「幸せ」に働くコツ。

自分で納得できていれば、つらくても頑張れるからね。

このニュースについては、こちらなどを。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081022-00000011-mai-soci


posted by ハッピー・スナフキン at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

人は、期待した通りの・・・

だいぶ、間が空いてしまいました。
訪れてくださっていた方、すみませんでした。

先週はどうもすっきりしない気分が続き、
週末は古いブルーズを弾いて過ごしていました
(と言うとかっこいい感じがしますが、「練習をしていました」ってところです)。

さて、昨日もへこむことがあったのですが・・・

今朝(明け方前)読んでいた本に元気をもらって、
なんとかがんばろう、と。

というわけで、
見返りを求めず、期待し、褒める、励ます!
それが「幸せ」のコツ!

人は、期待した通りの人になる。他人も、自分も。
理想的な人を扱うようにその人に接すると、その人は理想的な人に。
だそうです。

わかっちゃいるんですが、・・・ね。

今朝読んでいた本はこれ。



■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

posted by ハッピー・スナフキン at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

「夢を実現する技術」

ちょっと前の本ですが。




藤沢さんは、「わかりやすい」「伝わる」表現関係の本でとっても有名な方です。

・夢に向かって進むこと自体にすでに価値。サッカーのカズの姿勢は、多くの人の心をつかんで放さない。「夢を達成した人」としてではなく、「夢に向かっている人」としての彼の生き様が感動を呼ぶから。
・欲張って、初めから大きな夢を探しているから、夢の入口さえ見つけられない。夢は芋づるのように、ズルズルとつながっているもの。
・適切な助言をもらえない多くの若者は、初期だけにしかない「ペダルの重さ」が永続するものと勘違いしている。
・夢実現の三つのポイント
  「目的地の設定」「現在地の把握」「道のりの細分化」
・できるレベルにまで細分化すれば、あとはそれを「やり続けられるかどうか」だけが、夢実現へのカギ。
・夢に向かうためには猪突猛進よりも、「淡々と」走り続ける方がいい。
・最もお勧めしたいのは、「進捗管理表を作る」こと。
・あなたの夢を終わらせるのは他人ではなく、あなた自身なのです。

カズの話や「芋づる」など、例示や喩えがさすがに上手いなぁと思いました。
夢実現の三つのポイントは、授業づくりと全く同じです。

というわけで、
目の前の小さな夢をどんどん叶えていく!
それがいつか大きな「幸せ」に。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview



posted by ハッピー・スナフキン at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

ねこ? にくきゅう?

寒くなってきました(半そで、短パンでいるのが悪いのかも)。
ペットのぬくもりが恋しい季節です。
昨日行ったショッピングモールのペットショップも賑わっていました。

と思っていたら、こんなものを発見。
ぷにゅぷにゅのあの感触♪ねこきゅうマウスパッド

ぷにゅぷにゅのあの感触♪ねこきゅ
うマウスパッド

販売価格¥1,980

ネコ好きさん必見☆ひと目見ただけで「きゃ〜ん♪」となっちゃうマウスパッドをご紹介。その名も『ねこきゅうマウスパッド』☆ネコ好きさんは、みんな“肉球”がだ〜い好き。あぁ、プニプニしたい。あぁ、においを嗅ぎたい。たまらな〜い。そんなホクホクとした幸せをパソコン中に…

拡大画像を見る
ぷにゅぷにゅのあの感触♪ねこきゅうマウスパッドぷにゅぷにゅのあの感触♪ねこきゅうマウスパッドをカートに入れる


というわけで、
寒い季節にはぬくもりが・・・
それが「幸せ」

あ〜ぁ・・・。
posted by ハッピー・スナフキン at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

アコースティック・ブルーズ・ギター!

昨日は戦前のブルーズを聴きまくり、久しぶりにこの本を引っ張り出してきて遊んでいました。


著者の打田十紀夫さんはカントリー・アコースティック・ブルーズ・ギターの求道者で、日本での第1人者です。
私は打田さんの他の本やビデオもいくつも持っています。本当にすごい方だと思います。

出版社であるリットーミュージックには、私は「ギター・マガジン」という雑誌で一番お世話になっています。
音楽好きな日本人のため、「本質的なことをわかりやすく!」をテーマに(←紙面から勝手に判断しています)、良い雑誌や書籍をたくさん創っています。特に「なんちゃって」シリーズは、その軽薄そうなタイトルとは裏腹に本当に大切なところをとりあげ、読み手にとってわかりやすく・取り組みやすくつくった、素晴らしいシリーズだと思います。

そしてこの本は、打田さんの生真面目さとリットーの「わかりやすく!取り組みやすく!」が見事に融合して生まれた珠玉の1冊だと思います(いくらなんでも、ちょっと大げさ?)。

付属CDだけでもアコースティック・ブルーズ・ギターの美味しいところを捉えることができます。
そして本を開けば、4ページ単位でその美味しさが解説され、自分の気に入ったフレーズ、スタイルから始められます。
しかもその4ページの中は、始めの2ページで絞りに絞ったコツとフレーズが紹介され誰でも取り組み始められるようになっており、後の2ページで「それを活かせばこんな12小節がつくれるよ」という構成。
素晴らしいです。
この構成は、授業や他のことにも使えるなぁとも思いました。

というわけで、
本質をわかりやすく、取り組みやすく!
始めの一歩は小さく踏み出す!

それが「幸せ」のコツ。

私はようやくこの本で、
教則関係の本の最後までたどり着きました(いつも途中で飽きたり難しくなったりで挫折)。
もっとも、一通りやっただけで、まだ身についてはいませんが、ね。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

posted by ハッピー・スナフキン at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

休日の朝、古いブルーズを・・・

久しぶりにのんびりした朝、久しぶりの更新です。

今朝は朝から古いブルーズをLPで聴いています。
今、聴いているのはリロイ・カー&スクラッパー・ブラックウェル。
シティー・ブルーズの祖とか言われたりもする、1920〜30年代に活躍したピアノとギターのコンビです。

のんびりした感じのピアノの上に、ちょっと気だるく、でも暗くない唄が乗り、そこにギターが邪魔にならない程度に入ってくる、休日の朝にぴったり(いや、夜にも、か)。

当時の彼ら黒人が置かれた状況を想像すると、哀しみがやってきたりもするのですが・・・。

というわけで、
たまには古いピアノ・ブルーズでのんびりと
それが「幸せ」な休日の過ごし方。

さすがに私が持っているLP(1929年録音中心)はCD化されていないようです。でも、リロイ・カー単独名義のこの名盤はアマゾンにありました。


■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

posted by ハッピー・スナフキン at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

気分は手ぶら

しまったぁ、「東京JAZZ」を見逃したぁ・・・。
ロン・カーターは観たかったな、
と思っても、過去は変えられないので、気持ちを切り替えて。

この前の週末は久しぶりに本を数冊読めました。
読みながら、手帳に書き残した言葉が今日のタイトル。

「気分は手ぶら」
何か新しいものを手に入れる時には、それまで持っていたものを手放さなければならない。そうしないと手はふさがったままで、新しいものは目の前を通り過ぎてしまう。

私は、新しく何かを始めることが好きで、でもそれまでのことを捨てるのが嫌いで、そして、いっぱいいっぱいになることがよくあります。
だから、私の今週のテーマは、
「気分は手ぶら」
そうして、好きなときに好きなものに飛びつけるように。

というわけで、
気分は手ぶら!
それが「幸せ」な生き方のコツ。

そういえば、
「コツ」って、みなさんはカタカナで書いています?ひらがな?
漢字もあるのをご存じですか?
さて、漢字ではどう書くのでしょうか?
久しぶりに漢字ネタ?
あれ?「ネタ」の語源は?

週末に読んだ(読み返した)本たちはこちら。






■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview



posted by ハッピー・スナフキン at 04:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

東京JAZZ

お知らせを。

この夏に行われた「東京JAZZ2008」がTV放映されます(ました)。
東京JAZZのH.P.はこちら。
http://www.tokyo-jazz.com/index.html
放送スケジュールはこちら。
http://www.tokyo-jazz.com/jp/popup/index.html

ロン・カーター、ハンク・ジョーンズ、デヴィッド・サンボーンなどジャズ界の大御所、
サム&デイヴのサム・ムーア、
そして、スライ&ザ・ジャミリーストーン!

先週、ダイジェストは終わったのですが、今夜からステージごとの放送です。ぜひ!

というわけで、
東京JAZZを聴いて(観て?)
「幸せ」に。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

posted by ハッピー・スナフキン at 07:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

「夢をかなえるゾウ」・・・ついにドラマ化

ついにドラマ化されました、「夢をかなえるゾウ」!
「2008年ドラマになるねん」という本の帯を見てから早半年以上、ようやくドラマの放映が始まりました。

見ていらっしゃらない方には申し訳ないのですが、
この前の木曜夜、スペシャル・ドラマ(小栗旬・古田新太主演)が放映され、その日の深夜、連続ドラマ(水川あさみ・古田新太主演)の第1回が流されました。
毎週木曜深夜のドラマとして放送されるようです。

スペシャル・ドラマは、原作の内容をダイジェストで再編成し・・・という感じでした。テレビ・ドラマにありがちな行き過ぎた演出もありましたが、楽しめました。
連続ドラマは、いったいこの後どうなるのでしょうか。楽しみです。

というわけで、
ガネーシャの教えどおり、「靴を磨く」!
このあたりが、「幸せ」のために、私にとってまず最初にすべきことかな、と。

それにしても、古田新太さんははまり役です。

原作を読んでいない方は、絶対に読んだほうが良い!


ドラマのH.P.は、こちら。http://www.ytv.co.jp/yumezou/

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview


posted by ハッピー・スナフキン at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

だって、ヘビだから・・・

今週は成績算出で、なかなかハードな1週間でした。
というわけで、すっかりこちらをサボってしまいました。訪れてくださった方々、すみませんでした。

今日は昼食のことでイライラしているのですが、気持ちを切り替えて・・・。

私が読んでいる心理学系のメルマガのネタから。

ヘビが川を渡りたいと思いました。でも自分では渡れません。そこで船頭さんに頼みました。「私を船に乗せて、向こう岸に渡らせてください」と。
船頭さんは言いました。「え!? 君、ヘビでしょ?噛むでしょ?毒持ってるんでしょ?」
ヘビ君「毒は持ってますけど、考えてみてください。僕が貴方を噛んだら、私も船の上で干からびることになります。そんな馬鹿なことするわけないじゃないですか」
船頭さんは、それもそうだと思い、船に乗せてやりました。

そして・・・。
川の中ほどでヘビの様子がおかしくなりました。むずむずしているようです。
船頭さん「ど、どうかしたの?」
ヘビ「噛、噛みたい」
船頭さん「え? そんなことしたら、君は向こう岸に・・・」
ヘビ「で、でもー!」
ガブ(噛み)。

自分が干からびて死ぬことがわかっていながら、
なぜ、ヘビは噛んでしまったのでしょうか?
答えは、ヘビだから。
つまり、本能の前に、理性は無力。
そして、相手を「ひどい!」と責めても意味がない。
被害者になる(被害者ぶる)より、血清を準備しておくのが大切!
DVにしても、何にしても。

同様の話は、アラブにもあるそうです。
ヘビと船頭さんではなく、サソリとラクダの話として。

というわけで、
被害者になる(被害者ぶる)よりも、対策を整えておく!
それが「幸せ」のコツ。

今日の元ネタはこちら。
http://sinri.net/sinrigaku/313.html#more-313

あーあ、今日の昼飯は「幸せ」になると思っていたのになぁ・・・。
posted by ハッピー・スナフキン at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。