2007年08月30日

過去を変える!?

今日は(あれ?日付が変わってしまいました。昨日です)、「長町ラーメン」に行って来ました。
やはり、おいしかったです。絶品の醤油味スープと煮玉子でした。

んー、今度は、私にとって最高のチャーシューと、かなりおすすめの餃子がある「鬼がらし」(仙台店?4号バイパス、宮城の萩通りとの交差点近く)に行きたくなりました。


さて、
今日の名言:失敗は成功の素
私は高校くらいまで、こうした教訓っぽい言葉が好きではなかったのですが・・・。

以前紹介したこの本


のワークをしているのですが、今日のワークをしているうちに思いました。
失敗というのは、自分が「失敗」と思ったときに初めて生じるのだなということを。

つまり、全ての失敗は、そこから学ぶ意志があれば、成功の素とすることができるのだな、ということです。

過去の(失敗した)「出来事」は変えられないけれど、
過去の出来事の「意味」は変えられるということ。
その意味で、過去を変えられるということです。

この発想は、私のオリジナルではなく、この本にも書かれていたことです。



何事も前向きに。そうすれば、「幸せ」が勝手にやってくる。

「失敗は成功の素」に込められた本当の考えに気づけた一日でした。

先人って、やっぱすごい!




posted by ハッピー・スナフキン at 00:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

インサイド・アウト

うっかり寝てしまい、今日も日付が変わってから書いています。
仕事も残っているので手短に。

昨日は「長町ラーメン」には行けませんでした。
今日・・・も難しいかな。

今日は、昨日の記事に寄せられたハッピー・スティッチさんのコメントに反応して。

先日(8月24日)、ちょっとだけ紹介したこの本


から。

今日の名言
「インサイド・アウト」

これは、この本の冒頭から述べられる内容です。
つまり、「自分の中身をまず良いものにすること、これを優先させなさい。その後で、外部である他者との関係などを意識しなさい。」ということです。

私たちは、つい「○○が・・・してくれない」などと、他者や環境に不満を言いがちです(私だけ?・・・ってことないですよね?)。

でも、まずは自分の中身をできるだけ良いものにしようと「行動」すること。そのことによって、自然に周りの方々にも認めていただけるようになるのでしょう。そうすれば、自分も周りも、「幸せ」に。

ちなみに、この本の第5の習慣は「理解してから理解される」です。上記の後半と同じ趣旨だと思います。

 
そう言えば、何かの本では「雨が降っても『自分のせいだ』と考えなさい。」ということが書かれていました。
極端かもしれませんが、それくらいの気概、心の構えを持っていたいなぁと思わされました(当然、実際にはそれができない「私」がいるのですが・・・)。

もっとも、このことは私のような人間には有効なことであって、自分を責めすぎる子などには言えない言葉です。
何事にも、バランスが大切です。右に振れる人には左に向かう言葉を、左に振れる人には右に向かう言葉を。
posted by ハッピー・スナフキン at 04:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

長町ラーメン!

日付が変わってしまいました。
8月27日分として(?)、お読みください。

うれしいことに、8月21日のところに初めてのコメントをいただきました!
http://happy-snufkin.seesaa.net/archives/20070821-1.html

それに刺激を受けて、またも「ラーメン」ネタです。

おそらく、仙台の(ラーメン好きの)方や、近県のラーメン好きの方しかご存じないかとは思いますが、「長町ラーメン」というお店があります。
http://www.naga-ra.com/index.html

ここは、チェーン店ではなく、本格的なラーメン屋さんです。

小さなお店ではありますが、開いている時間帯はほとんど常に行列ができています(回転も速いし、お店の方がてきぱきと仕切ってくださるので、待つのが苦手な私にも大丈夫!)。

醤油味の中華そばといった感じのラーメンですが、何がどうなっているのかわからないけれど、とにかく、うまい!

なんの飾り気もなく、シンプルなラーメンですが、とにかく、うまい!

絶妙な味のスープと細麺のからみ、最高です。

仙台(近郊)では、「○竈」さんとか「五福○」さんとかも有名ですが(それぞれ、とてもおいしいのですが)、私の味覚では「長町ラーメン」さんが一番です。

それに、ここの「煮玉子」は、もう「伝説」の域です!
味が黄身の中まで浸みているのに、決してしょっぱすぎない。
白身は固く、黄身はとろとろ(これが私には重要)。
そして、なんと!
黄身があんなにもとろとろなのに、スープにくぐってもスープに溶け出さない!(こんな表現でわかりますでしょうか?)

とにかく、すごいです、私にとっては。

仙台の方、仙台にお越しになった方、ぜひ!(あんまり混むのは嫌だけど・・・)

今日の名言
「本物は、シンプルだ」
野口芳宏氏の言葉。



氏は今70歳くらい。かつては小学校の教師で、特に国語において(あの向山洋一氏にも)「名人」と呼ばれた方。その後大学などでも教鞭をおとりになり、今は家庭教育・道徳教育の分野で精力的にご活躍。

私に大きな影響を与えた方の一人。研修会で二度お目にかかったことがありますが、今だにその「眼力(めぢから)」はすごい。

残念ながら、「現場」を離れて長いので、私が体験した模擬授業は、私が尊敬する北海道のH先生(8月12日のところに関連記載あり)の「それ」ほどのすごさは感じられませんでしたが。
http://happy-snufkin.seesaa.net/archives/20070812-1.html

なんか、話題が途中から変わってしまいました。すみません。

「本物は、シンプルだ」
明日(すでに今日ですね)の授業で、意識しよう。

あー、久しぶりに「長町ラーメン」に行きたくてたまらなくなってしまいました。明日(今日?)は「長町ラーメン」で「幸せ」か?

posted by ハッピー・スナフキン at 02:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

泣けました・・・

8月20日に続き、今日も整理をしました。予定していた服には辿りつけず、本棚の一部、ビデオテープとカセットテープを処分しました。

だが・・・先週の勢いがなくなったことと、あまりに思い入れのあるものが多く、先週ほど単純には捨てられませんでした。

自分一人では買い切れず、友達や弟と分担してLPを買って、互いにダビングしたものとかがたくさん出てきたし、いずれ観ようと思って録った映画もたくさん出てきました(意外にフランス映画も多かったです)。
ちょっとセンチメンタルな「幸せ」に浸りました。
たとえば、

キース・リチャーズも大好きな(私はローリング・ストーンズの大ファンです)チャック・ベリーのこれとか



ジョン・(クーガー・)メレンキャンプの一連のものとか












懐かしすぎました・・・。今回は、4分の1くらいしか捨てられなかったかなぁ・・・。

ま、ちょっと前進ということで。



また、今日はだいぶ前に買っていてまだ読んでいなかったこれを読みました。



結構話題になったので読んだ方もいらっしゃるかもしれません。
小説の形をとった、自己啓発・成功哲学ものと言えるのでしょう。
似た形のものとしては、これもあります。



「オレンジ・レッスン」では内容に良かったと感じながらも、泣きはしませでした(いや、内容は本当に良かったんですよ)。

でも、「君と 会えたから・・・・・・」、これでは泣かされました。四十歳の親父が日曜の昼に何を泣いているのだろうと、上の娘は不審に思っていたに違いありません。

でも・・・、泣けました。ありきたりっちゃぁ、ありきたりの物語ではあるのですが、泣けました。あとがきでも、さらに、泣けました。

まだの方は、是非!

今日が人生最後の日と思って行動しようと本気で思いました。

石井裕之さんのこの本に付いていたCDでも感じたことでした。


・・・なんて、人間は忘れやすいのだろう?

ん?俺だけか?




posted by ハッピー・スナフキン at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

一流はケチらない

先日、同僚のY先生に声をかけられました。「この夏の研修や講習会はどんなのに?」と。

「この夏は一緒に行ったコーチングのだけですね。後は本を読んだり、海に行ってばかり!」と私。

Y先生は「私は東京で予備校の先生を講師に迎えての講習会に参加したんですけれど、すっごくよかったです。私の今までの授業を大きく変えてみようかなと思いました。いろんな具体的なものも見せてくださって。これまで自分で築いてきた財産をあれだけ出せるのもすごいなぁ。」と。

その場でY先生にもお伝えしたのですが、本当に一流の人は、そういうものなのだろうなと思います。

自分が苦労して蓄えてきたものを簡単に人に見せられないとか、ただでは教えないとか、これを教えたら商売敵に足をすくわれるとか、そんなことは考えないのでしょう。

むしろ、
自分の工夫が世の中に広まって、成績の上がる子、幸せな人生を歩む子が少しでも増えれば、それは自分にとっても「幸せ」だなぁ。
そんな風に考えているようです。

いろんな成功哲学の本の中に、そうした考えが見て取れます。最近も何かで読んだなぁと思っていたら、思い出しました。安河内哲也氏のこの本のプロローグでした。「惜しみなく『教える』ことで人は成長できる」なかなか良い言葉だと思います。Amazon.co.jpでは、目次など、中身の閲覧もできます。本の内容もすばらしく、教師だけでなく、親、企業で教える立場にある人すべてにおすすめです。


「生徒」と呼ばれる立場の人、自分で「学ぶ」ことを中心にという人にはこちらを。

posted by ハッピー・スナフキン at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

授業再開!か、枯れてしまった・・・

今日は、私にとって夏休み明け最初の授業がありました(昨日は学力試験などで私の授業は無し)。やっぱ、子どもたちの笑顔は最高です!「幸せ」です。

さて、これまでの経験からわかっているので、自分が話す時間を極力抑えた授業を組み立てたのですが、それでも枯れました・・・、声が。

もちろん、日常生活の中で声は使っているのですが、授業の場で40人くらいを前にして全員に声を届けようとすると、普段とは違う発声になるようです。

だから、久しぶりに授業をすると、毎回のように声が枯れます。まだまだ、訓練が足りません。もっと、喉と発声法を鍛えねば。毎日使って、習慣になっていれば、なんてことはないのですがね。

「習慣」と言えば、この本はご存じでしょうか。私の眼を大きく啓いてくれた本です。


いずれ、この本については詳しく紹介することになると思いますが、私にとっては新しい生き方に向かわせてくれた本です。今年の手帳は、この考えを基にしたものを使っています。



そういえば、私の声はこもるので、それが悩みの一つでもあるのですが、以前紹介した白石謙二氏の本を眺めかえしていたら面白いことが書いてあり、「そうだった」と思い出しました。

声がこもる人は、上唇が歯を隠している。母音の「ア」「イ」「エ」の時は口角を上げ、上下の前歯10本が見えるようにする。「ウ」「オ」の時は唇をできるだけ前に突き出す。

という内容です。
私と同じ悩みの方は、是非!

でも、これがなかなか習慣にならないのですよねぇ。

posted by ハッピー・スナフキン at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

教育とは・・・

勤務校の授業が今日から再開です。
(ページの上部に書いてあるとおり、私は高校国語教師です。「教師」と自分で言うことにはずっと抵抗があったのですが、今は言い切ることによって覚悟を決めようとしています。)
そこで今日は、「教育」とは何か、私の考えの原点を確認しておきたいと思います。

さて、「ねぇねぇ、“教育”って、なぁに?」と小学2年生くらいの子に聞かれたら、あなたはどう答えますか?2年生という設定は、とにかくシンプルにわかりやすくという意味でのものです。本当に語りかける口調でなくてもかまいません。ちょっと考えてみてください。




私なら、「“育てる”ために“教える”ということだよ。」と答えるだろうと思います(もちろん、実際に答えるならもっと補足の言葉を足しますが)。つまり、あくまで主役は教育を受ける側であって、教育する側はそのサポート役(今どきの言葉で言うと“コーチ”)なのだと思うのです。

8月19日の内容と絡めて言うと、相手が「育つ」ということが“求めたい結果”であって、自分が「教える」のは、そのための手段にすぎないということ。

なぜ、こんなことをわざわざ言うのかというと、それは私たち教師(そしておそらくは、ほとんどの親御さん、企業で教育する立場にある方々)の中には「(あれもこれも)教えたい」という“感情”が強くありすぎるように思うからです。

「大人」(漢文で教わった意味を覚えていらっしゃいますか?)の私たちは、誰かを教育するとき、「教えるのは、育てるためなのだ」ということを忘れずにいたいと思うのです。

大人が「教えたい」という感情を抑え、真に相手を「育てる」ことを優先できれば、よのなかは「幸せ」になっていくのではないかなぁ、と。

なんか、今日はまじめな話になっちゃいました。
posted by ハッピー・スナフキン at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

山頭火!

昨日の昼食は、山頭火に行きました(旭川発祥のラーメン屋さんですね。店によってだいぶメニューが違うようです。私が行ったのは仙台大和町店)。
http://www.santouka.co.jp/index.html

久しぶりに行ったのですが、「ねぎそば(だったと思うのですが)」なる期間限定メニューがあり、それにしました。

本来の担々麺のようにスープが少しだけ。メインの味付けは、ちょっと辛みをつけた肉みそ。なのにスープは、魚だし。この組み合わせが意外な美味しさを引き出してました!ネギをかなりのせ、半熟卵も。それにあとめし付き。

ということで、味付けのアイテムもトッピングも私好み(ここの店長さん?の眼鏡をかけたお兄さんは、時々「これ、試作なんですが、どうですかね?」などとちょっと味見をさせてくれる優しい方)。私は、辛さ・肉・魚だし・味付き半熟卵が好きなのです。

ただ残念なのは、味付けがきつすぎた(濃かった)こと。私は東北育ちですが、味付けはかなりの薄味が好きなのです(濃い方が好きなものもありますが)。昨日は忙しそうだったので、店長さん?に伝えずに帰ってきましたが、次に行ったとき、伝えられたら言ってみようと思います。もちろん、「夏だし、いっぱい水を摂ってもらうように」などと、意識的に濃くしているのであればいいのですが。

それと、私の好みで言うと、もっと辛い方がいいけど。「激辛ねぎそば」とかね。

と、なぜか今日も食べ物ネタですが、期間限定メニュー「ねぎそば」に出会えて、「幸せ」でした。

みなさんも、お近くの山頭火で限定メニューを探してみては?山頭火はないかもしれませんが。

おいしくて、メニューを時々入れ替えるお店を探すのは「幸せ」ですよね、探すこと自体が。見つかればもっと「幸せ」かもしれませんが・・・。

posted by ハッピー・スナフキン at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

幸楽苑!

今日から(日付が変わって昨日かな?)仕事再開です。

午前中、AEDの講習会(3時間も!ということで否定的な気分でだったんだけど、「へぇ〜」ということもありました)。

昼食は経費節減のため、「幸楽苑」に(南東北(←どこやねん!?)の方にしかわからないかも。ラーメンのチェーン店です)。

このチェーン店の何がすごいって、値段に対する味の良さです。たいていのラーメン専門店より良い味を、この値段で、パートのおばちゃん(おねえさん?)たちだけで作って、手早く出す。すばらしいです。

今日の私は、この季節の定番「和風つけめん」と「海老ワンタンめん」で迷いつつ、「海老〜」と餃子に(あまり経費節減になっとらん!?)。プリプリさに「幸せ」でした〜。

とにかく、値段を見てください。特に「中華そば」!これで下手なラーメン専門店よりおいしいのです。
参考URL:http://www.kourakuen.co.jp/restaurant/menu01.html

南東北で見かけたときには是非に!?
あ〜、メニュー見てたら、「冷し担担麺」も食べたくなってきた。
(注:「ざるらーめん」のつけ汁は温かいです!)

なんか今日はいつもと違う感じですが、ラーメンを始め、おいしいもの好きでもあるので、こんな「幸せ」も、ということで。
posted by ハッピー・スナフキン at 00:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

ついに片づけ!「スピード整理術」のおかげ!

ついに、ぐっちゃぐっちゃになっていたCD棚と一部の本を整理しました。

一昨日から昨日にかけて、中谷彰宏さんの本を読みました。



頭ではわかっちゃいるけど・・・のことがもちろん多いのですが、いくつか私にとっては眼を啓かされたり、思い出させてくれたりしたものも。

・収納スペースは3割は空けておく
・捨てたものが必要になるのは1%。1%の議論を100%の議論にしてはいけない。99回の成功があるのに。
・モノがあふれる時代になったのだから、「買う」より「借りる」
・自信を持つと、モノが少なくなる
・モノを減らせば、モノはよくなる
・捨てる辛さを経験すると、買い物が上手くなる
・几帳面すぎて、片づけを仕事にしてはいけない
・お金のムダより、時間と空間のムダを考える
・捨てるモノが決まらないうちは、買わない

あなたにとって、ピン!とくるものはありませんか?

そんな中、今、本田健さんの本を読みながらのワークをしているのですが・・・



昨日のワークのところで、「やろうと思いながら先延ばしにしていることを10個挙げよ。そして、簡単なものからやってしまおう。」というものがありました。

そこで、ついにぐちゃぐちゃなCD棚と本棚の整理に取りかかったというわけでした(ほこりだらけのスペースがきれいになり、家族も大喜びで「幸せ」に!)。

中谷さんの本を読んだ直後のため、大学時代からずっと捨てられずにいた雑誌や、今年以外の年賀状も捨ててしまいました!

それでも時間不足で中途半端な感があり、次の週末は服やビデオテープも含めて、さらなる「捨てる」を実行の予定。

さあ、あなたもいかが!?
posted by ハッピー・スナフキン at 05:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

感情に支配されず、求めたい結果にフォーカスする

昨日、ようやくある本を読み終えました(読み終えた途端に他の2冊も読みました)。今週はお盆だったり、車のトラブルなどいろいろあったりでろくに読む時間が取れないでいました。




この本は、NLP(神経言語プログラミング)を、著者がどのようにビジネスに活かしてキャリアを歩んできたか、明らかにした本です。

いろいろと眼を啓かせてくれることが書いてあったのですが、読み終えてから家族と接する中で感じたのが、今日のタイトル「感情に支配されず、求めたい結果にフォーカス(焦点化)する」です。

実は、娘が家の合い鍵をなくしました。

「なにやってるんだ!見つけるまで探しなさい!」と、感情にまかせて怒鳴りつけることもできます。

娘は中1、ビミョーな年齢。珍しく「勉強してくる」と自分から部屋に入って勉強をしようとしたところ。

私は、まず、自分の感情に支配されまいとしました。
次に、頭を冷静にして、求めたい結果は何なのかを考えました。それは鍵を見つけるということでした。
さらに、自分ではなく相手の状態を想像し、相手が一番鍵を探す気持ちになりやすい方法を考えました。

そして、私がとったのは次の行動です。
娘が勉強に飽きて(疲れて)自分から出てくるのを待つ。
出てきたところで、「よくがんばったな」とほめる。
(「7つほめて1つ指摘するくらいがちょうどいい」と言ったのは、船井幸雄さんだったか、向山洋一さんだったか)
その後で、「気分転換に鍵を一緒に探そうか?」と言う。
(あくまで決定権は本人に。自分で自分の生き方をコントロールしている感覚を持たせるために。)

娘は非常に素直に私の提案を受け入れ、進んで鍵を探しました。
探す中でわかったのは、娘は既に自分なりにかなり探していたということ。それでも、父親が一緒に探してくれるのはうれしかったようです。もし、私が感情にまかせて怒鳴り散らしていたら、娘はどういう気持ちになったでしょうか。

結局、鍵は見つかりませんでした。でも、家族の中に「幸せ」な時間が流れたと思います。

人間は各々違うサングラスをかけてしか世の中を見られません。相手のサングラスを想像することの大切さを実感した出来事でした。人間だけが感情をコントロールできる動物です。感情にコントロールされるのは、他の動物にもできます。

感情に支配されず、求めたい結果にフォーカスを。そのためにも相手の状態への想像力を!
posted by ハッピー・スナフキン at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

「幸せ」になる音楽見つけました

今日は、娘二人と海に行く予定です。

この夏は海にできるだけたくさん行こうと思っていました。
その車中で聴く音楽として今年購入したのが以下の3枚です。








後の2枚は「ジャワイアン」と呼ばれている、ハワイのミュージシャンによるレゲエっぽい音楽です。

私は基本的にブルーズが好きなのですが、レゲエのあの“ンッ、チャッ、ンッ、チャカッ・・・”という軽(かろ)みも大好きです。特に、ものごとを前向きに考えられるようになってからはどんどんその傾向は強くなりました。

ただ、レゲエは元来、レベル(反抗の)・ミュージックなので、暗い曲調のものも意外に多いと感じていました。

そこに、楽園ミュージックのハワイアンの登場です!
ハワイアンののんびり感とレゲエの軽みの組み合わせ。最高です。

「幸せ」ミュージックの発見!の夏です。
posted by ハッピー・スナフキン at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

コーチング・セミナーに行って来ました

久しぶりになってしまいました。

この間、海に4〜5回、プールに1回行って、真っ黒になりました。仕事をガンガン詰めて入れ、空いたところで年休を取りまくりました。レバレッジ(梃子・てこ)を効かせたつもり。
 
 参考:「レバレッジ・シンキング」本田直之 著




さて、昨日は本間正人氏を講師に迎えての教職員向けコーチング・セミナーに行って来ました。

氏のしゃべり(ご本人が「芸風」とおっしゃっていました)は、ほんとにパワフルで(あちこちにおやじギャグも散りばめながら)すごかったです。

特に感心したのは、声の用い方です。最初に司会の方が話した時はこもって聞きづらいマイク・音響セットでしたが、氏が話すと、きちんと聞こえる。主に高いトーンの声を用いつつ、時に白石謙二氏の言う「チェスト・ヴォイス」の低音で響かせたり、たいしたものだと思わされました。私ももっと声の用い方を意識的にせねばと痛感させられました。

 参考:「言葉と声の磨き方」白石謙二 著



実は、2月に同様のことを痛感させられたのでした。それは、私の尊敬する北海道の中学国語教師のH先生(ご本人の承諾を得ていないので名前は伏せますが、エッチな先生という意味ではありません。多くの本も出していらっしゃる、本当にすごい方です。私と同じ歳なのに)に教えられたことで、「授業は『開く(開放感)』と『閉じる(緊張感)』の繰り返しで構成する。声もそれに合わせて、高く明るくしたり低く響かせたりする」といった内容です。

夏休み明けの授業のテーマはこれかなぁ。頭でわかっちゃいるけど、一本調子(自分の癖)から抜け出すのは難しい。


さて、話を戻して本間氏のセミナーの内容は、コーチングの基本をワークショップ型でというものでした。コーチング初心者の方には取りかかりやすく、ある程度知っている方にも行動を通じて基本の確認ができるといった感じでした。

私にとっては、コーチングの説明に終始せず、相手を大切にするという視点からの様々なお話を聞け、また、気になっていた学習論(学習学?)の話も少し聞けて、よかったです。もちろん欲を言えば、カウンセリングとの違いや、NLP(神経言語プログラミング)との関わりについてのお考えも伺いたかったし、クライアントに目標を立てさせたり行動に移させたりするときのコツなども伺いたかったとは思いますが。

漢検協会主催ということもあってか(?)、「『耳』と『目』と『心』を足す(『+』)と、『聴』くという字に・・・」など、話題も豊富な方でした。さらに驚いたことに、私が買ったまま読んでいなかった本の著者でもありました。共著者の名前は意識していたのですが、本間氏の名前は意識から抜け落ちていました。申し訳なく思いつつ、今日、読みました。特に前半が面白く、昨日の内容と重なる話も多いです。興味のある方はどうぞ。

参考:「ほめ言葉ハンドブック」本間正人・祐川京子 著



昨日のセミナーでは、もう一つ、大きな収穫がありました(あれ?日付が変わっている。もう一昨日のことになってしまった)。それは、ワークショップでペアを組んだ方との出会いです。

その方は、ある中学校の教頭先生でいらっしゃるのですが、非常に勉強熱心で、明るく、活動的、そして「真っ直ぐ」という言葉が似合う方です。先月は100kmマラソンにも挑戦したそうです。す、すごすぎる・・・。この方はカヌーやカヤックにも興味があるそうで、この面については、私のほうが詳しかったので、いろいろお話をさせていただきました。カヌーの漕ぎ方なども。・・・何の研修でしたっけ?

とにかく、久しぶりに素敵な人生の先輩に出会った感じで、「幸せ」でした(ようやく「幸せ」にたどり着きました)。

では、久しぶりということもあり(?)長くなりましたが、本日はここまで。
posted by ハッピー・スナフキン at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

やっぱ、海だね!

Aug02_1203.jpg
一日あいてしまいましたが、海に行ってきました!(一昨日お知らせしたとおり)

青い空、広い海、「幸せ」でした!(台風の被害に会われた方には申し訳ないですが)

といっても、実はそんな単純な「幸せ」ではなく・・・

私の家は仙台の南端にあり、近くの海水浴場まで車で10分!そこを目指して愛車のシボレー・タホで。車の中ではもちろんレゲエ・ミュージック。

ところが、昨年まで(知る人ぞ知る)無料駐車場化していたところが、おじさんが立っていて立ち入り禁止に!さらに、おじさんの言うことには「今日は高波で遊泳禁止だよ」・・・。だったら、なぜそこに立っている?おじさんよ。

ま、自分も40歳のおじさんではあるし、そこの管理のため雇われたと思われるおじさんはとても親切な方だったので、文句を言うつもりは毛頭なく、単なる疑問なのですが。

さて、そこをあきらめ「まさか(台風から離れた)仙台で遊泳禁止とは。ならば・・・」と、さらに南下して車で30〜40分のところへ。

そこは海水浴場ではなく、平日ということもあり、ほとんど人がいませんでした。そして、冒頭に書いたように、青い空、広い海!(「青い海」とは、ちょっと書き難いけど)

いやー、気持ちよかったです。

40歳のおじさんが、一人で(下の娘(小3)と行こうと思っていたのに「やっぱり、児童館で友達と約束あるから、行けない」と断られました・・・)、なんちゃってボディーボードをしてきました。

海は本当に気持ちよくて、「俺の前世は、海賊かな・・・」なんて思ったり。

「幸せ」でした。

で、この日のBGMはCDレゲエ・オムニバスの「ブン・ブン・レゲエ」でした。明るい曲調のものばかりをノンストップで集めたものです。特に、アパッチ・インディアンがいい!










posted by ハッピー・スナフキン at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

はじめまして!

ドキドキしています。

パソコンは詳しくないし、ブログの使い方もよくわかっていません。でも、「まず、動く!」「今日できることを明日に延ばさない!」と決めて、始めてみます。

決めて、動き出すことが、幸せにつながっているとも思います(このことについては、また、いずれ・・・)。

今後、「幸せ」をキーワードに思いついたことをアップしていきます。コメントを寄せていただけるとうれしいです。

そうやって幸せを分かち合いながら、みなさんとつながりを持ち、それが世の中の幸せにつながっていけばいいなと思いながら、ブログを立ち上げてみました。よろしくお願いします。

とりあえず、これから私の幸せのために、この夏初めての海に行ってきます!あ、私は男で、海などアウトドア(カヌーやカヤック、野外料理など)も大好きです。

では、またお越しください。
posted by ハッピー・スナフキン at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。